ヘルプのトップ

アラーム

アラームは、好きな時刻に音を鳴らしたり、プログラムを実行したりする機能です。アラームを使うには、「時」や「分」を設定し、「ファイル」にサウンドファイルやプログラムファイルを指定してください。

複数のアラームを使いたい場合は、「追加」ボタンを押してください。

「分」「TClockの起動時に実行」「一定間隔で実行」のどれかが指定されていないと、アラームは実行されません。

名前

アラームに好きな名前を付けられます。また、設定を変更したいアラームを選択できます。

追加

新しいアラームを追加します。

削除

現在選ばれているアラームを削除します。

アラームを実行する時刻の時を数字で指定します。アラームの書式を参照してください。

12時間制

午前午後の同じ時刻にアラームを実行します。

アラームを実行する時刻の分を数字で指定します。アラームの書式を参照してください。

アラームを実行する時刻の秒を数字で指定します。時、分、曜日とは違い、秒には1つの数字しか指定できません。秒を指定しないときは、0秒に実行されます。

曜日

アラームを実行する曜日を数字で指定します。アラームの書式を参照してください。「...」 ボタンを押すと、曜日を指定するダイアログが開きます。

ファイル

指定した時刻に鳴らすサウンドファイルや、実行するプログラムファイルを指定します。「...」 ボタンを押すと、ファイルを選択するダイアログが開きます。

サウンド再生に関してを参照してください。

テスト

「ファイル」に指定したサウンドファイルを鳴らしたり、プログラムファイルを実行したりします。

繰り返す

指定したファイルがサウンドファイルの場合は、アラームの実行時に繰り返し再生します。

点滅する

指定時刻に時計が点滅します。「ファイル」欄を空にして「点滅する」をチェックすれば、音を鳴らさずにアラームを使えます。

TClockの起動時に実行

チェックすると、tclock.exeを起動した直後にアラームを実行します。

一定間隔で実行

チェックして右の「分」を指定すると、tclock.exeを起動してからその分おきにアラームを実行します。


サウンド再生に関して

「ファイル」欄に指定できるもの