ヘルプのトップ

アラームの書式

TClock Lightでは、アラームの設定画面で、時、分、曜日の欄に複数の数字を指定できます。時に設定できる数字は0から23まで、分は0から59まで、曜日は0から6まで(0が日曜日、1が月曜日、……)です。

ふつうの指定

時と分に数字を1つずつ入れれば、旧TClockと同じ動作になります。次の例では、12時0分になったらアラームを実行します。

時	12
分	0
曜日	

複数の数字を並べる

複数の時、分、曜日を指定するには、カンマで区切って並べます。次の例は、土曜日と日曜日の、19時10分、21時10分、23時10分にアラームを実行します。

時	19,21,23
分	10
曜日	0,6

範囲指定

ハイフンで数字をつなぐと、範囲の指定になります。次の例は、月曜から金曜まで、12時10分、19時10分、20時10分、21時10分にアラームを実行します。

時	12,19-21
分	10
曜日	1-5

全指定

アスタリスクは、「すべて」を表します。次の例は、毎日毎時間、10分になったらアラームを実行します。

時	*
分	10
曜日	*

時と曜日の欄を空にすると、アスタリスクと同じことになります。次のようにしても同じです。分の欄を空にすると、アラームは実行されません。

時	
分	10
曜日	

〜おき

範囲指定やアスタリスクのあとに、/ 数字 を付けると、「〜おき」を指定できます。次の例では、9時から17時まで、2時間おきに、0分になったらアラームを実行します。9時0分、11時0分、1時0分、……となります。

時	9-17/2
分	0
曜日	

次の例では、毎時間、0分、20分、40分にアラームを実行します。

時	
分	*/20
曜日