TClock2ch > TClock Script Help > ver.1-6

TClockで実際にどの様に設定するかは下記画面で説明致します

03.03.04版



スクリプトの更新方法ですが、TClockのマウス操作に割り当てましょう。
TClock右クリック > TClockのプロパティ > マウス操作で上の画面が出ます。
まずは赤丸囲み部分で目的のファイルを選択します。
ボタンクリックの左ボタンや右ボタンに設定した時は、緑丸囲み部分でクリック回数などを設定します。
ホットキーに設定した時は、更新時に実行したいキーを押すと右側に自動で現れます。

※更新は自動で出来ますが、見たい時に実行すれば良いのでここでは解説を省略します。

設定が完了したら下の「適用」ボタンを押して次の「ツールチップ」メニューへ



次にスクリプトが排出したテキストを赤丸囲み部分で入力します("..."から選ぶのが良い)
ツールチップは三つ表示できます。一つだけで良い人は"ツールチップ"に入力
二つ表示させたい人は"二分割指定"にチェックして、入力("..."から選ぶのが良い)
三つ表示させたい人は"三分割指定"にチェックして、入力("..."から選ぶのが良い)

TClock時計部分のフォントとは別に、青丸囲み部分でツールチップに表示するテキストのフォントを指定します。
等幅フォントを使用しない限り、桁を揃えて表示できませんので注意しましょう。
また、ツールチップが縦方向に画面からはみ出してちらつく場合は、
ここでフォントサイズを小さめに設定します。
※ AA等を表示させる人はフォントによっては、ずれますから注意 !

表示形式を「バルーン」に設定して右上部の「更新有効」をチェックするとツールチップがちらつくのは仕様です。
緑丸囲み部分のように設定することで、TClockにカーソルが当たっている間はツールチップが消えません。

設定が完了したら下の「OK」ボタンを押してプロパティ画面を閉じます。


設定は以上です。
更新に割り当てた操作を実行してカーソルをTClockに当ててみて下さい

さあちゃんと表示されましたか ?
ちゃんと表示されない場合はもう一度最初から確認してみて下さい
チョットした間違いがあるかもです…


←Home ←Back △top Next→(FAQへ)